ED:希少ジンセノサイドはどのように男性機能を向上させるのか

時々勃起障害を起こすことはすべての人に起こり得ることで、心配する必要はありません。 しかし、これらの問題が解決しない場合は、自信と人間関係に大きな影響を与え、大きなストレスを引き起こす可能性があります。 さらに、それは心臓病などの根本的な状態の兆候である可能性があります。

勃起は、脳、神経、血管、ホルモンが重要な役割を果たす複雑なプロセスの結果です。 これらのレベルのいずれかで問題が発生した場合、勃起不全またはインポテンツが発生する可能性があります。

EDの一般的な危険因子は、年齢、アテローム性動脈硬化症、良性前立腺肥大、うつ病、糖尿病、高血圧、テストステロン値の低下、神経疾患、慢性ストレスと不安、肥満、喫煙、座りがちな生活です。

症状は次のとおりです。
•勃起を得るのが難しい
•勃起を維持するのが難しい
•感情的な問題、慢性的なストレス、人間関係の葛藤、SSRIなどの特定の薬物療法による性欲や性的欲求の減少

EDはストレスに満ちた高齢化と不健康なライフスタイルのためにますます多くの人々に影響を与えます。 そして、インポテンツはより多くのストレスにつながるので悪循環です。

パナックスジンセンは、多くの副作用と禁忌がある従来の治療法に対して、安全な代替品になる可能性があります。

性的刺激と副交感神経刺激が一緒に作用して、勃起現象は発現します。 血管内皮に存在する酵素である内皮型一酸化窒素シンターゼ(eNOS)は、アミノ酸であるL-アルギニンから一酸化窒素(NO)を合成します。 NOは小さな親油性ガスであるため、隣接する細胞、この場合は陰茎海綿体の平滑筋細胞にすばやく拡散します。
この図は、最終的には細胞内カルシウムを減少させ、動脈周囲の筋肉を弛緩させることにより、細胞内でどのように機能するかを示しています。 より多くの血が陰茎に入ることができ、勃起現象が発現します。 同時に、静脈が圧縮され、陰茎に血液を閉じ込めることで、勃起状態を維持します。

勃起不全(ED)は40歳以上の男性によく見られます。性交に十分な陰茎勃起を達成または維持できないことです。それは生活の質と自尊心に大きな影響を与えます(3)。発生率は、より長い寿命、変性疾患の増加、けが、および現代のライフスタイルに関連するストレスの増大のために増加します(2)。

陰茎勃起の生理学は、血管、ホルモン、神経系の複雑な相互作用です。ほとんどの場合、過去に正常な勃起があったが、現在は能力がないといったように二次的/後天的なケースが多いです。原因は動脈の狭窄のような末梢血管疾患である可能性もあります。プロプラノロール、チアジド、抗ヒスタミン薬、いくつかの抗うつ薬などの特定の薬物の使用;下垂体機能不全のような内分泌問題;骨盤骨折や心理的問題などのトラウマは、欲望の低下、勃起不全、早漏の原因となります(4)。糖尿病は、陰茎と射精に重要な役割を果たす会陰の主要神経である陰部神経の動脈血管と神経障害の閉塞により、EDを引き起こす可能性があります。

上記で説明したように、平滑筋におけるNOの生物学的利用能の低下も重要な役割を果たします。

ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)は、さまざまな組織に存在する酵素で、加水分解によってcGMPを分解します。 PDE5阻害剤(PDE5I)は、シルデナフィル(Viagra®)と同様に、EDの標準的な薬理学的治療法です。ただし、頭痛、紅潮、消化不良、めまい、かすみ目、鼻炎などの副作用や、狭心症や重度の不整脈のような禁忌があります。それらはすべてCYP3A4基質であり、他の薬物との相互作用につながる可能性があります(3)。グレープフルーツやセイヨウオトギリソウのような特定の薬や植物は、PDE5の機能を阻害または強化する可能性があります。これは、基質、この場合はPDE5Iの二次的効果または不十分な効果につながります。 CYP3A4は、主に肝臓と腸に存在する重要な酵素です。チトクロームP450酵素のファミリーに属し、薬物などの潜在的な毒性物質を酸化しますが、ビリルビン、ホルモンなどの内因性化合物も酸化します(5)。
したがって、副作用が少なく、適応症や相互作用が少ない新しい抗ED物質の発見が急務です。

ジンセンは、人体にさまざまなプラスの効果をもたらすため、2000年以上にわたって伝統的に薬草として使用されています。 それは、アダプトゲン、強壮剤および若返り剤と考えられています(6)。 トラディショナルチャイニーズメディスン(TCM)によると、EDは「腎臓ヤン欠乏症候群」の症状です。 パナックスジンセンの根は、体の恒常性を維持し、生命力を高めることで知られています。

以前のホワイトペーパーから、ジンセノサイドは主要な活性成分と見なされていることがわかります。ジンセノサイドの構造活性相関の最近の研究(1)は、希少なジンセノサイドRg5とRk1が細胞内カルシウムの減少に最も効果的であることを示しています。細胞内カルシウムの減少が平滑筋細胞の弛緩につながることは上述の通りです。 希少なジンセノサイドは、cGMPの分解を遅くするPDE5を阻害することによってこれを行います。 さらに、Rg5は分離されたラット海綿状組織のeNOS発現を増加させます。

次の図は、Ying A et al (1)からの引用です。10μmolシルデナフィルとRg5で処理した後の細胞内cGMP(nmol / mg単位)濃度を示します。

雄ラットでの別の研究(2)は、希少なジンセノサイドRg3で標準化されたパナックスジンセンの抽出物が、交尾パターン、射精、および性的衝動を高めたことを示しています。 それは中枢神経系(HPA軸)と性腺組織に直接影響を与えることによっったものです。 陰茎海綿体の血管拡張と弛緩は、内皮細胞と血管周囲神経からのNOの放出によって媒介されます。 ジンセノサイドは上記のようにNO形成を促進します。

ドーパミンは、快感を与える脳の神経伝達物質であり、性行動において重要な役割を果たします。 Rg3はドーパミンの再取り込みをブロックし、そのシナプスの可用性を高め、より多くの喜びをもたらすのです。

EDは、世界中の10人に1人の男性に影響を及ぼし、不健康でストレスの多いライフスタイルと人口の高齢化により、発生率は増加します。勃起には、血管、ホルモン、神経系の最高の状態が必要です。つまり、これらのシステムの1つにでも問題がある場合、勃起を獲得または維持することはできません。

治療の基準はシルデナフィルですが、多くの副作用と禁忌があります。 さらに、それは性欲に影響を与えません。

実際のところ、慢性的なストレスは、勃起の獲得と維持だけでなく、性欲やリビドーにも悪影響を及ぼすことがわかりました。 PDE5-Iを使用して問題を解決すると、問題の物理的な側面には効果が出ますが、性欲には影響がありません。 つまり、シルデナフィルを服用しても、性的欲求なしでは勃起することはできません。 パナックスジンセンは、ストレスへのプラスの効果を通じて性的欲求を高めることもできます。

いくつかの研究は実際にパナックスジンセンがEDの有望な代替治療になる可能性があることを示唆しており、軽度の副作用と性欲に対する追加のプラスの影響があります。 さらなる研究が必要です。

(1) Ying A et al. Structural–Activity Relationship of Ginsenosides from Steamed Ginseng in the Treatment of Erectile Dysfunction. The American Journal of
Chinese Medicine. 2018, pp.1-19.
(2) Mosaad A et al. Improvement of sexual Behaviour in Male Rats via Dietary Supplementation with Panax Ginseng Extract Standardized with Ginsenoside
Rg3. J. Med. Sci. 2013, pp.337-345.
(3) https://www.uspharmacist.com/article/oral-pde5-inhibitors-for-erectile-dysfunction
(4) Copstead and Banasik. Pathophysiology. Elsevier Saunders. 2005, pp.795-796.
(5) Baede-van Dijk PA, de Graeff PA, Lekkerkerker JFF. De rol van cytochroom-P450-enzymen bij geneesmiddeleninteracties. Ned Tijdschr Geneeskd. 1999,
pp.2607-11.
(6) Seungyeop L, Dong-Kwon R. Effects of ginseng on stress-related depression, anxiety, and the Hypothalamic-pituitary-adrenal axis. Journal of Ginseng
Research. 2017, pp.589-594.



高麗人参や水耕栽培にご興味のある方は
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ